不動産投資失敗レスキュー

相続対策が失敗する理由

土地などの資産を持つ方が高齢になってくると、家族への相続を考えるようになります。そこに取引銀行や不動産会社の営業マンがやってくると、「借入金で賃貸物件を建築すると相続対策になるので有利です」などとアドバイスすることが多いようです。

不動産を活用した相続対策について、詳しく知らないにもかかわらず勧めに従ってしまい、大きな融資を受けてしまい、失敗する例があります。低迷していた経済が回復基調になり、土地の路線価が上がると、固定資産税や相続税の増加が心配になり、賃貸物件を造ろうと思うのは自然なことかもしれません。

しかし、建物を建てるだけでなく、それ以降は賃貸物件を経営していくわけです。不動産賃貸業という事業を営む以上、立地条件、環境、設備などをよく考慮した家賃設定や、長期的な需要と供給の予測なども必要になります。

賃貸相場の下落や返済額の変動に注意

最近は長期一括借上げで家賃保証をする不動産会社も多くなりましたが、契約書をよく読むと家賃の支払額を全期間保証しているわけではないことが多いようです。期間中の空室リスクを回避していても、家賃自体の価格設定は数年ごとに見直します。賃貸相場が下がってくれば、見直し後の家賃収入がローンの返済額を下回る可能性もあるわけです。

賃貸物件向けのローンは、固定金利期間選択型が多く、期間終了後には変動金利となり、返済額が変更する可能性があります。相続対策の失敗はこうした原因によるものが多いようです。経営に不安を覚えたら、すぐ専門家に相談するようにしましょう。

 

マンション投資任意売却119