不動産投資失敗レスキュー

不動産投資の失敗はなぜ起こる

個人が資産を増やすための投資といえば、一般的なものとして「株式投資」と「不動産投資」があげられます。いずれもメリットがある代わりにリスクが伴います。特に失敗が多いのは不動産投資です。

株式投資は数万円からはじめられますし、投入資金の限度を決めておけば、それほどリスクは大きくありません。しかも、売買を繰り返すうちにスキルとノウハウを積み上げることができ、投資の成功率は高くなることが期待できます。

ところが不動産投資はどうでしょう。最初から大きな金額を動かさなくてはなりませんし、生涯に何回も手掛ける取引ではないため、自分では知識も経験も期待できません。また不動産は流動性もあまり高くありません。個人で投資を成功させるには難しい世界なのです。

大きな金額を動かす不動産投資

不動産投資の失敗にはいくつかの要素があります。

  • 巨額のローンを借りてはじめることが多い
  • 予想した利回りを確保できないことがある
  • 環境の変化が起きやすい
  • 業者任せになりがち

信頼できる相手を選んで失敗を回避

不動産は大きな買い物です。それを投資に使おうというのですから、石橋をたたいてもまだ考えるくらいの慎重さが求められます。

しかし、法律のことや、相場のこと、取引の手順など素人には分からないことが多く、どうしてもコンサルタントや不動産業者の言いなりになりがちです。成功するためには信頼できるブレーンを選ぶことが重要になります。

 

マンション投資任意売却119