不動産投資失敗レスキュー

ワンルームマンション投資失敗でローンが返済不能に

遊んでいるお金があるのなら何かに投資して増やしたい、と思うのは人情でしょう。そこで手軽にはじめられるワンルームマンション投資に取り組む人も多いようです。ワンルームマンション投資は、次のような理由で人気を集めています。

  • 会社員でも節税対策になる
  • 自己資金が少なくても大きな資産が形成できる可能性がある
  • 老後も収入が期待できる
  • インフレになっても強い資産価値を持つ

ワンルームマンションは他の不動産投資と同様に長期投資であり、キャッシュフローを利用してローンを繰り上げ返済しながら資産を増やしていく方法が主流です。物件を持ち続けているときの含み損益はよく分かりますが、投資そのものが成功したかどうかは最終的に物件を売却したときでないと判断できません。

流動性の低いワンルームマンション

ワンルームマンション市場は、家賃相場の変動や、経年劣化による資産価値の下落が実際より過大に評価され、購入した金額で売却できるケースはほとんどありません。オーナーが売りたい価格で売れないために、その流動性は極めて低いのが現実です。

それどころか、このところのデフレ経済下では、競合する新しい物件が「安い、便利、快適」をアピールしていたりすると、古くなった物件には借り手がつかないことも多くなっています。何ヵ月も借り手がつかずに資金繰りに窮している投資家も見受けられます。

ローンが返済できなくなったら

資産家ならともかく、会社勤務の片手間で投資をしているような場合は、厳しい淘汰の時代に生き残っていけるわけがありません。自分のローンが返済できなくなった場合は、すぐに任意売却などを検討することが必要です。

 

マンション投資任意売却119