不動産投資失敗レスキュー

アパート経営に失敗するリスク

この数年、経営しているアパートの空室が増えてしまい、資金繰りが厳しくなっているアパートオーナーが増えています。収入を確保するためには、仲介してくれる不動産業者への営業活動や、経費削減などの地道な努力をしていかなければなりません。

ローン返済や税金に不況が追い打ち

もともと節税対策や相続対策ということでアパート経営をはじめたオーナーも多いわけですが、借入金の返済や税金の支払いで資金繰りが厳しいところに、長引く不況が追い打ちをかけるとなれば絶望的になってしまうのも無理はありません。

こうした場合は、自己資金の検証、減価償却方法の検証、名義人の検証など、少しでも有利になるよう対策を取るものですが、最悪の場合は物件を手離し、アパート経営から手を引くということも視野に入れておくべきでしょう。

専門家に相談し任意売却で乗り切る

お付き合いのある金融機関、不動産会社、会計事務所などに相談するのも結構ですが、それぞれ微妙な利害関係があるものです。不動産を処分したいと思うなら、その道の専門家に声を掛けてみてはいかがでしょうか。

不動産をローンが残ったまま売却するには、任意売却という手続きが一般的です。これはローンの債権者と交渉しながら不動産を売却する方法で、市中の相場とあまり変わらない価格で売却できる可能性が高いため、ローンを一掃できる可能性があります。残債が残った場合も無理のない範囲で返済していくよう交渉の余地があります。

アパート経営が失敗した場合は、自己破産や会社倒産という事態に陥るまえに、不動産の売却で乗り切ることを考えてみましょう。

 

マンション投資任意売却119